インフルエンザは毎年冬になると猛威を振るって流行する感染症です。小さなお子様・高齢者が感染すると肺炎・脳症などで命を落としてしまうこともあるので、流行する前に予防接種などをしておきましょう。

女の子と医者の画像

インフルエンザの潜伏期と、ドライシロップの効果とは

インフルエンザはウイルスによる感染症のため、流行しやすい特徴があります。潜伏期はおおよそ2日から3日程度ですが、まれに1日で発症することもあります。初期症状はなんとなくだるい、といったことから始まり、熱を測ると38度を超えます。子供の場合は、今まで元気だったのに、急に動かなくなった、ぐったりしている、食欲がない、といったことが起こります。倦怠感や激しい頭痛、咽頭痛を伴うことが多く、風邪とは違うと認識することができます。
インフルエンザに感染した場合、タミフルやリレンザ、イナビル、ラピアクタといった薬が使用されます。これらの薬は抗インフルエンザ薬と呼ばれ、ウイルスの増殖を抑え、症状を軽減する効果があります。リレンザやイナビルは吸入タイプの薬で、ラピアクタは点滴による薬です。タミフルは錠剤の他に粉状のドライシロップがあり、ドライシロップは主に小さな子供に処方されます。
抗インフルエンザ薬は発熱後48時間以内に使用しないと効果がありません。これは、ウイルスの増殖と関係しています。ウイルスは48時間以内に増殖のピークを迎えるため、増殖が進んでしまった時に薬を使用しても効果が現れにくくなっています。
なお、ドライシロップを服用してもすぐに効果は出てきません。30時間ほどたつと徐々に効果が現れるので、効果が現れるまでは脱水症状をおこさないよう、水分補給を意識して行うようにします。また、ドライシロップを服用すると2日ほどで、様々な症状が軽くなります。症状は軽くなりますが、インフルエンザのウイルスは体内にまだ残っているので、服用を中止しないようにしましょう。
タミフルドライシロップの耐性型ウイルスを出現させないためにも、飲みきることが大切です。