インフルエンザは毎年冬になると猛威を振るって流行する感染症です。小さなお子様・高齢者が感染すると肺炎・脳症などで命を落としてしまうこともあるので、流行する前に予防接種などをしておきましょう。

女の子と医者の画像

インフルエンザの飛沫感染が観測される距離

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。一般的な風邪は1年を通して流行していますが、インフルエンザは特定の時期に爆発的に流行するのが特徴です。インフルエンザの感染経路は、飛沫感染、接触感染、空気感染の3つがあります。接触感染は、ウィルスが付いた物に触ることで、手から口などの粘膜に侵入し感染するというものです。ウィルスは乾燥した空気の中であれば、長時間生存することができるので、食器やドアノブなどのほか、電車のつり革も感染のリスクがあります。空気感染は咳やくしゃみによって空気中に存在するウィルスを吸い込むことで発生します。特に低温で空気が乾燥していると長く感染力を持ちます。飛沫感染は特に感染するリスクが高く、主な感染経路と考えられています。これは、インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみから飛び散ったウィルスによって感染します。1回のくしゃみで200万個、咳であれば10万個ものウィルスが出されることが観測されています。距離も1~1.5メートルの距離まで感染させることができるので、側にいないから安心というものではありません。
インフルエンザの予防は、手洗いやうがいなど、ウィルスを体内に入れないことが重要になります。感染している人が自宅から外に出ないことはもちろんですが、感染力のあるウィルスを持っていても潜伏期間の時は自覚症状がないので気づかないうちに広げてしまうこともあります。インフルエンザは発症する1日前から感染力を持ち、発症してから5~7日まで感染力があります。薬などで早く熱が下がっても、体内にはウィルスがいるので、指定された期間は外出せず体をゆっくりと休めることが大切です。解熱しても2日経過していないと、学校や会社に行くことは出来ません。