インフルエンザは毎年冬になると猛威を振るって流行する感染症です。小さなお子様・高齢者が感染すると肺炎・脳症などで命を落としてしまうこともあるので、流行する前に予防接種などをしておきましょう。

女の子と医者の画像

下剤なしに腸内環境を整え、インフルエンザ流行を予防

 インフルエンザの流行状況マップで、自分の住む地域に危険信号がともると、気になるものです。例え大流行していたとしても、外出しないわけにはいきません。感染を防ぐには、普段から免疫力をアップさせ、抵抗力のある体をつくっておくことです。免疫力を上げるのに最も大事なのは、腸内環境を整えることです。便秘は腸内に毒素がいつまでもとどまるため、大敵です。しかし、下剤で解決するのは避けるべきでしょう。即効性はありますが、腸内環境にとっては決して好ましいことではありません。体内の免疫細胞の約7割は腸に存在しています。薬の力で無理に下痢を起こすと、大事な免疫細胞を損なってしまう可能性があります。腸内環境を整え、便秘を防いで免疫力を高い状態に保つには、腸内の善玉菌を増やすことです。善玉菌は、糖から乳酸や酢酸をつくり、腸内を酸性にします。悪玉菌は酸性に弱く、腸内が酸性になると増殖できなくなり、やがては死滅します。悪玉菌がいなくなり、善玉菌が増えると、腸内環境が整い、免疫機能が高まります。インフルエンザウイルスが体の中に侵入しても、善玉菌の多い腸内で活性化した免疫細胞がどんどん退治してくれます。
 インフルエンザウィルスは突然変異しやすく、たとえ前年に感染していたとしても、違う型のウィルスが流行すると、翌年にまたかかってしまいます。毎年かかる人も少なくありません。予防するのは難しい面がありますが、感染したとしても悪化させずに1週間程度で治癒するかどうかは、免疫力にかかっています。常に免疫の高い状態に保つため、腸内の善玉菌を増やすような食品を努めて摂るようにしましょう。そうしていれば、便秘もしなくなるものです。