インフルエンザは毎年冬になると猛威を振るって流行する感染症です。小さなお子様・高齢者が感染すると肺炎・脳症などで命を落としてしまうこともあるので、流行する前に予防接種などをしておきましょう。

女の子と医者の画像

妊婦がインフルエンザに感染したら赤ちゃんに影響は?

妊婦がインフルエンザのウイルスに感染すると、赤ちゃんへの影響がとても心配になります。
しかし、妊婦がインフルエンザウイルスに感染しても、赤ちゃんに直接悪い影響があるわけではありません。
しかし、妊婦は体調を崩しやすいことから、インフルエンザの感染が判明したら早めに治療を開始するべきです。
特に呼吸器系の疾患を持っている妊婦は、ぜんそくなどの発作が悪化する可能性があります。
ぜんそくが悪化すると、腹圧がかかり、その影響で子宮口が開きやすくなるので、注意が必要です。
もともと早産気味の人は要注意です。
また、ウイルス感染により、鼻水でくしゃみがひどくなったりする症状が出ることもあり、お腹が張りやすくなるので、同様に早産につながるおそれがあります。
また、高熱が続くと、血圧や心拍が上昇し、母体の負担が増すばかりか、赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことが考えられるので、なるべく早く熱を下げた方が良いです。
インフルエンザウイルスに感染すると、高熱やだるさなど全身症状が現われ、回復するまで数日間かかります。
感染した後しばらくは、体力が落ちてしまうので、出産予定日が近い人は分娩に影響が出ることも考えられます。
インフルエンザの感染そのものが流産の率を高めるというデータはありませんが、妊婦の体調悪化につながることがあり、その結果流産してしまう可能性もないとはいえません。

インフルエンザの治療方法

妊娠中にインフルエンザウイルスに感染しても、抗インフルエンザ薬の治療は可能です。
タミフルとリレンザは妊娠中に使用しても、胎児への悪い影響はほとんどないと、報告されています。
抗インフルエンザ薬は症状が出始めてから48時間以内に投与するのが望ましいとされています。
そのため、ウイルス感染が判明したら、直ちに医療機関でタミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬を処方してもらうことが一番になります。

予防接種は赤ちゃんに影響する?

妊娠中の予防接種は赤ちゃんに影響することはほとんどありません。
日本では、毒性をなくして免疫力を高めるために必要な成分だけ投与する、不活化ワクチンを使っています。
そのため、安全性が高く、妊婦でも安心して予防接種を受けることができます。
インフルエンザは潜伏期間が数日と、とても短い上に、感染力が強いのが特徴です。
安心して妊娠生活を送るためにも、予防接種を受けることをおすすめします。
たとえ妊娠初期でも予防接種を受けることが可能です。
ただ、妊娠初期はつわりなどで体調が不安定になることから、主治医とよく相談してから接種を受けることをおすすめします。
特に鼻水が出るなど、風邪をひいている場合は予防接種を受けることが出来ない場合が多いので、なるべく体調の安定しているときに接種を受けるようにします。
妊娠中に予防接種を受けると、胎児にも免疫力がつき、生後しばらくはインフルエンザにかからないと言われています。
特に生後間もない赤ちゃんは、インフルエンザの予防接種を受けることができないので、インフルエンザ感染予防のためにも、妊娠中の予防接種が望まれます。
たとえインフルエンザの潜伏期間にウイルスに感染してしまっても、事前に予防接種を受けておけば、インフルエンザ発症の可能性を低くすることができます。
もし発症してしまったとしても、軽い症状ですむことが多く、症状の緩和につながります。
接種後、ワクチンが体に定着するまでには数週間かかるので、インフルエンザの流行前には接種を受けておく方が望ましいです。
10月~11月には接種を済ませておくと安心です。
免疫が持続する期間は、個人差があるので一概にはいえませんが、3ヵ月から5ヵ月と言われています。
その間に出産する予定がある人は、ぜひ早めに予防接種を受けておくことをおすすめします。